ユニバーサルデザイン推進員について

  県では、年齢、性別、能力、国籍等、人が持つそれぞれの違いを超えて、すべての人が暮らしやすくなる社会の実現に向け、まちづくり、ものづくり、ソフトづくり、意識づくりを含めた総合的なユニバーサルデザインを推進するため、平成18年3月に「佐賀ユニバーサルデザイン推進指針」を策定し、この指針に基づき、県民、CSO、企業、行政等が、相互に連携・協働し、県民総参加による全県的な取組として、展開していくこととしています。
 このため、県においても、職員一人ひとりの意識改革を図るとともに、ユニバーサルデザインを理解し、ユニバーサルデザイン推進を図る体制の整備が必要であることから、ユニバーサルデザインの意義・必要性、理解を促す役割を担う「ユニバーサルデザイン推進員」を配置しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ(新規ウィンドウで開きます。)このホームページには、PDF形式のファイルが含まれています。ご覧になるにはAdobe Readerがインストールされている必要があります。

Adobe Readerのダウンロード(無償)はこちらから(新規ウィンドウで開きます。)