佐賀ユニバーサルデザイン推進指針 2015
  人を想い 共に生きる ユニバーサルデザイン社会の実現 ~HITOプロジェクト~

 佐賀県では、年齢、性別、国籍、障害の有無などに関わらず、誰もが安心して暮らすことができる社会の実現に向け、県民協働によるユニバーサルデザイン(UD)の取組を推進しています。
 そのため、平成18年3月に「佐賀ユニバーサルデザイン推進指針」、平成19年1月に「佐賀県ユニバーサルデザイン実施計画」をそれぞれ策定し、取組を進めてきました。
 このたび、推進指針の策定から9年が経過し、これまでの取組における課題への対応や、文化、スポーツ、観光、国際といった新たな分野などでのユニバーサルデザインの取組をさらに推進するため、推進指針及び実施計画を見直すこととし、新たにこの2つを統合した「佐賀ユニバーサルデザイン推進指針2015」を策定しました。
 今後、「人を想い 共に生きる ユニバーサルデザイン社会の実現 ~HITOプロジェクト~」をキャッチフレーズとして、全県的にユニバーサルデザインの取組を推進していきます。

指針のダウンロード

1 推進指針の期間

 平成27年度から平成30年度(4年間)

2 目指す姿・キャッチフレーズ

 ユニバーサルデザインを県政推進の基本的な考え方の一つとして位置づけ、次のとおり10年後の佐賀県の目指す姿を描き、その実現に向けた取組を実施していきます。

目指す姿

 県民一人ひとりが多様な人々を理解し、思いやりのある広い心を持って行動しており、誰もが持てる能力を発揮して、いきいきと、安心して暮らすことができるユニバーサルデザイン社会の形成が進んでいる。

キャッチフレーズ

 人を想い 共に生きる ユニバーサルデザイン社会の実現 ~HITOプロジェクト~

※「HITO」とは、「Human(人間)」、「Intelligent(理解力のある)」、「Thoughtful(思いやりのある)」、「Open-minded(広い心の)」の頭文字を取って、「多様な人々を理解し、思いやりのある広い心の人」を表現しました。「HITOプロジェクト」とは、そうした心を持った人(HITO)が、「ユニバーサルデザイン社会」の実現に向け行動する取組の総称です。

3 基本姿勢

他人ごとではなく、自分のこととして考えます

様々な人の意見を聴きます

常に改善を図ります

自然で魅力あるものを意識します

県民協働で進めます

  

4 目指す姿の実現に向けた視点と取組体系

 「3つの視点」に基づく「13の項目」に、目指す姿を実現するための様々な取組を体系づけて実施していきます。

視点1:みんなで進めるユニバーサルデザイン

 項目① ユニバーサルデザイン教育の充実
 項目② 人材の育成
 項目③ 普及啓発の推進

 

視点2:みんなの豊かな暮らし

 項目④ 文化・スポーツ活動の促進
 項目⑤ 観光のユニバーサルデザイン化の促進
 項目⑥ 仕事や遊びなどの社会参加に向けた環境づくり
 項目⑦ 国際化の促進
 項目⑧ 情報提供の充実
 項目⑨ ユニバーサルデザイン製品の開発・普及促進

 

視点3:みんなのための安全安心な社会

 項目⑩ 防災体制の充実
 項目⑪ 建築物の充実
 項目⑫ 道路・交通機関の充実
 項目⑬ その他まちなかのユニバーサルデザイン化の推進

  

これまでの推進指針・実施計画

佐賀ユニバーサルデザイン推進指針

佐賀県ユニバーサルデザイン実施計画