「ユニバーサルデザインって何?」
                                 古瀬 敏 氏
    (佐賀ユニバーサルデザイン推進会議アドバイザー、静岡文化芸術大学デザイン学部空間造形学科教授)

                                     
 はじめにユニバーサルデザインとは何かについて語りたい。
 「すべての人にとって、できる限り利用可能であるように、製品、建物、環境をデザインすることであり、デザイン変更や特別仕様のデザインが必要なものであってはならない」そのように定義されている。簡潔に言えば、そこには「利用できない人がいないようにしたい」という強い意思があるのだ。
 もともとこの考え方は、誰もが自由に入って使えるはずの建物のデザインが、身体障害者を差別していたことに対する異議申し立てから出発している。入り口の階段や段差をはじめとして、苦労して中に入っても廊下や部屋が狭く、トイレも車いすでは使えないのが当たり前といった状況は、現在でも私たちの暮らしの中にごく普通に見られる。それを使えるようにするために直すのは、お金が余分にかかるだけでなく見栄えも悪い。
 このことが認識されるようになって、「使う上での不都合が起こらないように当初からデザインしよう」というのがユニバーサルデザインである。そうすれば格別に意識せずに、だれもが一緒に使えるようになる。しかも、使いやすさが向上するのは、何も障害者に限ったことではないということが、みんなに理解されるようになった。
 この考え方は、製品やさまざまなサービスにも共通しているので、そうしたものにもユニバーサルデザインが適用されてきている。ただ、みんなが同じものを使うわけではない場面では、解決は一筋縄ではいかないのが悩みだ。
 例えば、各人がそれぞれ使う文房具や道具などは個人に合わせて選ぶことができるが、普通、住宅には一つしか用意されないキッチンや洗濯機の高さは、家族の中のだれに合わせるのがいいだろうか。親か、子どもか、それとも祖父母。これは悩むところだが、原則はいちばん不便を被る人に合わせることだ。そこでどうしても折り合いがつかないときに特別な解決策を検討されるべきだ。
 このようにしてユニバーサルデザインは、暮らしの中に根付いていくことになる。