記念講演 「ユーザーの視点で商品開発をプロデュース」
                                  タレント 松居 一代 氏

                                     
   【概要】
 5歳の頃からの夢であった芸能人としてのデビューや、私自身や息子が病気を患った際の闘病生活など、これまで多くの障壁を自分の強い意思や機転で乗り越え歩んできました。また、ユーザーの視点に立ち、決して妥協することなく、「圧力鍋」「松居棒」「マジカルカバー(斜めファスナー)」等の商品を開発しましたが、これからも基本を忘れずに楽しくものづくりをしていきたいと思います。
 たった一度の人生を精一杯生きていきたいと思いますし、夢を持ち続け全力でぶつかっていれば、必ず道は開かれていくことを信じております。