事例発表-2
  「ICTが拓くユニバーサルデザイン」
           マイクロソフト(株)技術統括室  マネージャー 大島 友子 氏

                                     
【概要】

 マイクロソフトでは、「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を最大限に引き出すための支援をすること」というミッションがあり、全員がこのミッションを目指して活動しています。
 平成21年度に初めての地域活性化協働プログラム実施自治体として佐賀県と提携し、シニアネット等を対象とした高齢者向けICT利活用促進プログラム、教職員を対象としたICTスキルアップオンラインなど5つのプログラムを実施しました。その結果、各シニアネット内において、新たな講師が養成され、以前から講師をされていた方のスキルアップが図られるとともに、ICTリーダー養成講座を受講したシニアネットが佐賀県からシニア向けパソコン講座を受託するなど高い成果を上げることができました。
 マイクロソフトでは、今後も障害のある方、シニア、支援する方を含むすべての方々に向けて製品開発を行っていきたいと考えています。また、パソコンやインターネットもユニバーサルデザインのツールになりますので、皆さんもご活用いただければと思います。