第6回 みんなが主役のまちづくり ~いろんな人の輪「よか!くらぶ」~

伊万里市の住民の方が設立したグループ「よか!くらぶ」。何をしているグループなの??なぜつくったのかしら?どんなことをしているのかしら?そんな疑問にお答えします。

概要

画像:メンバーで話し合う「よか!くらぶ」の皆さんの様子 本県の西部に位置する伊万里市。「障害のある人も、ない人も、集まって何かしようか!」をスローガンに、地域住民の方が集まってできたのが「よか!くらぶ」です。
 車いすの方、目の不自由な方、知的障害のある方や保護者の方、障害者の自立支援に携わる職員の方など、障害のある人もない人も一緒になって運営されています。
 メンバーの皆さんへのインタビューを通して、「よか!くらぶ」を設立した理由や活動内容、そして地域づくりに対するそれぞれの想いなどに迫っていきます。

動画配信

メディアプレイヤーのダウンロード 動画をご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。当コンテンツには、Media Playerによる動画配信ページが含まれております。Media Playeのダウンロード(無償)は左のアイコンをクリックしてください。

番外編(ちょっと聞かせて?パーキングパーミット)

画像:看板を製作した佐賀工業高校の生徒さんにインタビューする古川康知事 このコーナーでは、佐賀県パーキングパーミット(身障者用駐車場利用証)制度の協力施設の方などに登場いただき、本制度に関するご感想などをお話いただきます。
 今回は、古川康知事が「ものづくり」de「パーキングパーミット」セレモニーにお邪魔して、「パーキングパーミット」の看板を製作した佐賀工業高等学校の生徒の皆さん、施設を代表して看板の引き渡しを受けた「四季彩ホテル 千代田館」の方にお話を伺います。このコーナーは番組の後半に登場します。(約2分)

取材協力

「よか!くらぶ」(小松克枝 代表、他メンバーの皆さん)、佐賀工業高等学校の生徒・関係者の皆さん、南里閏一さん(四季彩ホテル千代田館 総支配人)ほか