第20回 嬉野温泉のユニバーサルデザイン ~日本一安心して楽しめる温泉地~

今回は日本人が愛してやまない温泉の話。高齢化や旅行形態の多様化など、観光地をとりまく環境が変わる中、新たな付加価値を創造しようとする温泉地の取り組みをご紹介します。

概要

 日本三大美肌の湯として有名な嬉野温泉は今、日本一安心して楽しめる温泉観光地へと変貌を遂げようとしています。
 現在、嬉野温泉では、宿泊施設のユニバーサルデザイン整備数が全国の温泉観光地で日本一となり、日本で2番目に開設された「佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター」と連携しながら、全ての人が安心して温泉のまちを満喫できる環境づくりを官民協働で展開しています。
 今回は、佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターを訪問して、旅に関する相談や旅館の紹介をしていただいたほか、嬉野温泉の女将さんにユニバーサルデザインの取り組みについてお話を伺いながら、日本一安心して楽しめる温泉地づくりの今に迫っていきます。

画像:佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターで相談する様子 画像:お身体の状態や予算などに応じて色々なタイプの旅館を紹介していただきました 画像:ユニバーサルデザイン整備をされた旅館「和楽園」の女将にもお話を聞きました。
画像:和楽園のユニバーサルデザイン客室の様子(客室内) 画像:客室内に設けられた内湯と露天風呂の様子 画像:適当な広さが確保されたトイレの様子
 

動画配信

メディアプレイヤーのダウンロード 動画をご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。当コンテンツには、Media Playerによる動画配信ページが含まれております。Media Playeのダウンロード(無償)は左のアイコンをクリックしてください。
 

番外編「ちょっと聞かせて?パーキングパーミット」

 このコーナーでは、佐賀県パーキングパーミット(身障者用駐車場利用証)制度の協力施設の方などに登場いただき、本制度に関するご感想などをお話いただいています。
 今回は、鳥栖市内にあるショッピングタウン「フレスポ鳥栖」にお邪魔して、施設を管理されている責任者の方にお話を聞きました。このコーナーは番組の後半に登場します。

画像:「ちょっと聞かせて?パーキングパーミット」フレスポ鳥栖 画像:インタビューに答えるフレスポ鳥栖の御船さん 画像:施設内に設けられたパーキングパーミットの案内看板

取材協力

佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター(嶋原哲也・雅世さん)、茶心の宿「和楽園」(女将 下田美穂子さん)、風の宿「千湯楼」、花とおもてなしの宿「松園」、フレスポ鳥栖(御船真人さん)