第2回「みんなのトイレ」

 外出先で、旅先で、なくてはならない「トイレ」のお話。「みんなのトイレ」って一体どんなもの?なぜこれまでのトイレではなく「みんなのトイレ」なの?そんな疑問にお答えします。

概要

画像:番組イメージ(タイヘイ薬局の方にお話を伺う様子) 「みんなのトイレ」とは、企業・団体・行政などの御協力の下、誰もが利用しやすいように整備されたトイレのある施設に県内共通の案内サインを掲示して、「誰でも、どこでも、安心してトイレを使ってもらおう!」という制度です。
 この制度に賛同いただいている企業・団体(薬局、旅館、市職員の方など)への取材を通して、「みんなのトイレ」の意味や必要性などを考えていきます。

動画配信

メディアプレイヤーのダウンロード 動画をご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。当コンテンツには、Media Playerによる動画配信ページが含まれております。Media Playeのダウンロード(無償)は左のアイコンをクリックしてください。

関連サイト

番外編(ちょっと聞かせて?パーキングパーミット)

画像:「ちょっと聞かせて?パーキングパーミット」うえむら病院編

 さがUDステーション第2回放送分から、新コーナー「ちょっと聞かせて?パーキングパーミット」のコーナーが始まります。
 このコーナーでは、佐賀県パーキングパーミット(身障者用駐車場利用証)制度の協力施設や利用者の方に登場いただき、生活者の視点から、本制度に関するご感想などをお話いただきます。
 今回は「うえむら病院」の方にお話をお聞きしています。
 このコーナーは番組の後半に登場します。(約1分)

取材協力

本庄うなぎ屋本庄店、タイヘイ薬局、嬉野温泉ホテル華翠園、嬉野市地域づくり課、うえむら病院(順不同)