第17回 盲導犬のことをもっと知りたい ~アロマ基金の活動とは?~

皆さんは盲導犬のことって、どのくらいご存知ですか?今回は、嬉野市在住の岸川三好さんのご自宅にお邪魔して、盲導犬にまつわる色々なお話をお聞きしました。

概要

 盲導犬は、視覚障害者の社会参加をバックアップしてくれる、かけがえのないパートナーです。
 しかしながら、盲導犬の慢性的な不足、施設や職場への同伴拒否など、依然として厳しい環境が残されているのも事実のようです。
NPO法人盲導犬育成支援の会・アロマ基金では、視覚障害者が安心して盲導犬との生活を送ることができる社会をつくっていくため、盲導犬の育成支援や普及活動に取り組まれています。
 ご自身が盲導犬ユーザーであり、アロマ基金の理事長でもある岸川三好さんにお話を伺いながら、視覚障害者や盲導犬を取り巻く現状、アロマ基金の活動に込められた想いなどに迫っていきます。

画像:インタビューに答えるアロマ基金の岸川三好さん 画像:盲導犬アロマと外出する様子

画像:地域の小学校と連携して盲導犬とのふれあい教室を開催

 

動画配信

メディアプレイヤーのダウンロード 動画をご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。当コンテンツには、Media Playerによる動画配信ページが含まれております。Media Playeのダウンロード(無償)は左のアイコンをクリックしてください。

番外編「ちょっと聞かせて?パーキングパーミット」

 このコーナーでは、佐賀県パーキングパーミット(身障者用駐車場利用証)制度の協力施設の方などに登場いただき、本制度に関するご感想などをお話いただいています。
 今回は、佐賀市内にある結婚式場「マリトピア」にお邪魔して、施設を管理されている責任者の方にお話を聞きました。このコーナーは番組の後半に登場します。

 

取材協力

岸川三好さん(NPO盲導犬育成支援の会アロマ基金 理事長)、臼井孝志さん(マリトピア)