第12回 いろんな「困った」にお応えします ~託児所しゅーくりーむの取り組み~

今回は、託児サービスのユニバーサルデザインにまつわるお話。「託児サービスとユニバーサルデザインって、一体どういうことかしら?」「子育て中の私だけど、気軽に利用できるのかしら?」そんな疑問にお答えします。

概要

 核家族化や共働き世帯の増加といったライフスタイルの多様化に伴い、託児に対するニーズも多様化しています。NPO法人市民生活支援センターふくしの家が運営する「託児所しゅーくりーむ」では、早朝夜間の一時預かり、出張保育や送迎、障害のあるなしの隔てない保育など、いろんな「困った」に応えられる託児サービスを展開されています。
 この託児所を運営するNPOの方や、日ごろ利用されている保護者の方へのインタビューを通して、今地域が求めている託児サービスの「かたち」に迫っていきます。

画像:インタビューに答える託児所しゅーくりーむの川副さん 画像:わが家にいるような保育も魅力のひとつ 画像:お仕事帰りのお母さんにもお話を伺いました
 

動画配信

メディアプレイヤーのダウンロード 動画をご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。当コンテンツには、Media Playerによる動画配信ページが含まれております。Media Playeのダウンロード(無償)は左のアイコンをクリックしてください。

番外編「ちょっと聞かせて?パーキングパーミット」

 このコーナーでは、佐賀県パーキングパーミット(身障者用駐車場利用証)制度の協力施設の方などに登場いただき、本制度に関するご感想などをお話いただきます。
 今回は、武雄市内のショッピングセンター「ぷらっと武雄店」にお邪魔して、施設を管理されている責任者の方にお話を聞きました。このコーナーは番組の後半に登場します。(約1分)

画像:ちょっと聞かせて?パーキングパーミットのオープニング映像 画像:インタビューに答えるぷらっとの関さん
 

取材協力

 NPO法人市民生活支援センターふくしの家(副理事長兼託児所しゅーくりーむ園長 川副友子さん、利用者の皆さん)、ショッピングセンターぷらっと武雄店(関竜哉さん)