第10回 すべての人に開けやすく、使いやすい ~パッケージのユニバーサルデザイン~

今回は商品の包装・容器(パッケージ)の話。「これって、どこから開けるの?」、「あっもう、持ちにくい!」といった使いにくさを感じたことはありませんか?そんな容器や包装を誰にでも使いやすく工夫するという「パッケージのユニバーサルデザイン」を紹介します。

概要

インタビューに答える大手印刷会社の山下和幸さん

 お菓子やレトルト食品、洗剤や台所用品などの身近な日用品。日ごろの暮らしで何気なく使っている日用品の容器や包装にも、ユニバーサルデザインの工夫が色々と施されているようです。
 今回は、大手印刷会社で容器や包装パッケージのユニバーサルデザインを推進されてきた山下和幸さんをお招きして、デザインのあるべき姿、容器・包装に求められる機能性や具体的な改善ポイント、そこに至るまでの道のりなどに迫っていきます。

動画配信

メディアプレイヤーのダウンロード 動画をご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。当コンテンツには、Media Playerによる動画配信ページが含まれております。Media Playeのダウンロード(無償)は左のアイコンをクリックしてください。

取材協力

山下和幸さん(大手印刷会社)ほか