メールマガジン「佐賀UD通信」第17号

 ユニバーサルデザイン(UD)は「人にやさしいデザイン」。全ての年齢や能力の人々に対して、できるだけ利用しやすい製品や環境をデザインするという考え方です。佐賀県は「三世代みんなが安心して暮らせるまち」を目指して、ユニバーサルデザインを積極的に推進しています。

目次(index)

     ~人にやさしい社会づくり「ユニバーサルデザイン」をテーマに~

1 広報テレビ番組「さがUDステーション」最新号の動画配信をはじめました

画像:番組イメージ 県では、ユニバーサルデザイン(UD)に対する理解や取組の促進を図るため、人にやさしい社会づくり「ユニバーサルデザイン(UD)」をテーマにした広報テレビ番組「さがUDステーション」をお届けしています。
 この番組は、平成21年7月から県内ケーブルテレビ(12局)で毎日放送のほか、県のホームページ「さがユニバーサルデザインラボ」でも動画配信(無料)しています。
 このたび、最新号(第3回放送分)の番組について、次のとおり動画配信を開始しました。どうぞご覧ください。

最新号のテーマ

 『極上のカレー皿』に見る、ものづくりの新しいかたち(WMV形式:約8分)

動画配信の視聴(無料)

 次のウェブサイトで無料で視聴できます。過去に放送したバックナンバーなどもご覧いただけます。

番組紹介

画像:極上のカレー皿 「極上のカレー皿」は、有田焼卸団地協同組合が中心となって、地元の窯元さんたちと共同開発した商品です。
 これまでにないカレー皿を目指して、専門店の料理人、フードコーディネーター、カレーにこだわりのある人々や女性を中心に様々な意見を取り入れ誕生しました。
 この開発に携わられた協同組合の方や専門家への取材を通して、「極上のカレー皿」の隠れた秘密に迫っていきます。

アクセシビリティ・ポリシー

 音声なしの視聴環境でも、また耳の不自由な方にも番組をお楽しみいただけるよう、ユニバーサルデザインの観点から、「さがUDステーション」の全番組に字幕をつけています。

関連リンクなど

 


 メールマガジン「佐賀UD通信」第17号(平成21年7月28日発行)