メールマガジン「佐賀UD通信」第8号

 ユニバーサルデザイン(UD)は「人にやさしいデザイン」。全ての年齢や能力の人々に対して、できるだけ利用しやすい製品や環境をデザインするという考え方です。佐賀県は「三世代みんなが安心して暮らせるまち」を目指して、ユニバーサルデザインを積極的に推進しています。

目次(index)

1  佐賀県ユニバーサルデザイン推奨品の選定を受けてみませんか?

  「より多くの人に、もっと使いやすく」を形にした魅力的な商品を県が推奨します

 

2 さがユニバーサルデザインラボに「みんなの資料集」を設けました

   県政テレビ番組や広報誌のバックナンバーなどをご覧いただけます

 

1 「佐賀県ユニバーサルデザイン推奨品の選定」を受けてみませんか?

使い心地を追求した魅力的なデザインのビアグラス
平成19年度県UD推奨品
「プレミアムビアグラス」
県のイベントでUD推奨品に触れてみる様子
県の各種イベントを通じて
UD推奨品をPRしています

 最近、巷では「プレミアム」という言葉をよく耳にします。使う人の立場から、感性に訴える使いやすさを魅力的にデザインすることが、商品の基本品質として消費者から求められる時代になっているようです。

 県内の地場産業でも、例えば有田の究極のラーメン鉢、至高の焼酎グラス、プレミアムビアグラスなど、使い心地を追及した商品が開発され、至高の焼酎グラスは発売から2年間で16万個が売れるなど、爆発的なヒットを生んでいます。
 ユニバーサルデザインは、「プレミアム」を支える商品の基本品質と言っても過言ではないようです。

 

 佐賀県では、県内で企画・製造され、より多くの人に利用しやすいように工夫された製品を選定して、その利用促進を図る「佐賀県ユニバーサルデザイン推奨品」制度を、平成17年度から全国に先駆けて取り組んでいます。

 現在、平成20年度佐賀県ユニバーサルデザイン推奨品の募集を行っています。

 県が選定・推奨した商品は、県の各種イベントや展示スペースなどで積極的に活用・展示したり、テレビや広報誌などでPRするなど、販売促進をバックアップします。 

 募集期間は、平成20年12月26日(金曜日)まで。 

 県内の企業・団体の皆さまからのご応募を心よりお待ちしております。


平成20年度佐賀県ユニバーサルデザイン推奨品の募集要領はこちらからご覧ください。(県ホームページ「さがユニバーサルデザインラボ」)

これまでに選定された「佐賀県ユニバーサルデザイン推奨品」はこちらからご覧ください。(県ホームページ「さがユニバーサルデザインラボ」)

県政テレビ番組「県政NOW(平成19年11月放送)」で人にやさしい椅子「リラクトチェア」を紹介しています。(県ホームページ「web放送局」)


2 さがユニバーサルデザインラボに「みんなの資料集」を設けました

県民だより(H16.9月号)の特集記事
県広報誌の特集記事も
ご覧いただけます
雑誌「季刊ユニバーサルデザイン」での知事インタビュー記事
雑誌での知事インタビュー
好評掲載中

 県では、県民の皆さまに「ユニバーサルデザイン(UD)」の意味や必要性を分かりやすく理解いただけるよう、テレビ・広報誌などを通じて情報発信を行っています。

  「見逃してしまった!」という方や「もう一度見てみたい」という方のために、これまでに放送したテレビ番組のバックナンバー(県政NOW)や発行した県の広報誌(県民だより)などを集めた「みんなの資料集」を新たに設けました。

  前回のメールマガジンでもお知らせしましたが、「季刊 ユニバーサルデザイン」という専門誌で、古川康知事への特集インタビューもバックナンバーとして掲載しています。

  「ユニバーサルデザインという言葉は聴いたことがあるけど、よく意味が分からない」といった方にもオススメです。ぜひご覧ください。

 

「みんなの資料集」はこちらからご覧ください。(県ホームページ「さがユニバーサルデザインラボ」)

 

 

ページの上部へ

 

 

 

  

メールマガジン「佐賀UD通信」第8号(平成20年10月14日発行)