県メルマガ「月刊 佐賀UD通信」第3号 (H19.11.2発行)

 ユニバーサルデザイン(UD)は「人にやさしいデザイン」。誰もができる限り利用しやすいように製品や建物、情報やサービスなどをデザインするという考え方です。佐賀県は、老若男女だれもが自分らしく、いきいきと暮らせる社会を目指して、ユニバーサルデザインを積極的に推進しています。

目次(index)

1 県立学校施設のユニバーサルデザイン整備

   生徒・地域住民みんなが利用する施設、だから「みんなに使いやすく」を目指します。

2 新コーナー「UD(ユーディー)の環(わ)」

   UD(ユーディー)をテーマに、地域でがんばる人・CSO(市民社会組織)・企業の皆さんを紹介していき、UDの環(わ)を広げていきます。

3 県政広報テレビ番組「県政NOW」

   平成19年11月放送のテーマは「すべての人のために!ユニバーサルデザイン」。県内の地域や企業の皆さんによるユニバーサルデザイン(UD)の取り組みにスポットを当てて、楽しく分かりやすくレポートします。

4 編集後記


1 県立学校施設のユニバーサルデザイン整備

写真:UD標準仕様で建てられた唐津東中学校・高校
新設の学校はすべてUD標準仕様で整備(唐津東中学校・高校)
写真:人の動線も考えつくされた学校(うれしの特別支援学校(新設))
車いすでも校舎から中庭、体育館、運動場へ楽に移動できる(うれしの特別支援学校)
写真:子ども連れの父兄、身体に様々な障害のある方、荷物を多く抱えた方など、いつでも、だれにでも利用できるようにつくられた多機能トイレ
既存の学校も、みんなが使える多機能トイレの設置など、計画的なUD整備を実施
写真:車いすや荷車でも移動しやすいエレベーター
身体に障害のある方も安心して利用できるよう必要に応じ整備を実施(例:エレベーターの設置)

 佐賀県内には、いくつ県立学校があるかご存知ですか?現在、45箇所の県立学校の施設があります。  

 この学校施設は、生徒のみなさんをはじめ、教員や保護者の皆さん、地域で暮らす人々など、実に様々な方が利用される施設です。

 生徒の皆さんにとっては、授業時間は学び、休憩時間は安らぎ、放課後はクラブ活動を楽しむというように、一日の大半を過ごす大切な場所。

 また地域住民の皆さんにとっても、生涯学習や運動会など地域の催しで利用したり、大雨や地震などの災害時には避難所として利用するなど、地域のまちづくりや防災の拠点となるたいへん重要な場所ですよね。

 そこで県では、学校生活を送る生徒の皆さんをはじめ、地域で暮らす子どもからお年寄りまで、だれもが利用しやすい施設づくりを目指すというユニバーサルデザイン(UD)の考え方に基づいて、県立学校施設の整備を進めています。

 このうち、新しく建てるものについては、県が策定した「県有施設UD標準仕様」に基づいて、すべてUDの整備を行っています。これまでに、平成19年4月開校の「うれしの特別支援学校」や同年9月に新築移転した「唐津東高等学校、唐津東中学校」がUDの考え方で整備されました。

 もちろん、既存の学校で、まだUDの整備がされていない県立学校もあります。このような施設についても、当面改築などの予定がないものは、1階部分の段差解消や多機能トイレ、分かりやすい案内サインなどの設置を中心に、平成19年度から平成24年度までに計画的に整備していくことにしています。

 また、身体に障害のある生徒さんが入学される場合には、安心して学校生活を送っていただくことができるよう、エレベーターの設置や多機能トイレの増設など、個々人の障害の状況に合わせて必要な整備を行っています。平成19年度には、車いすユーザーの生徒さんが入学されたのを契機に、佐賀西高等学校や神埼高等学校などで整備を行っています。

 身体に障害のある方も、志望する学校がUDになっているかどうかは気にせずに、どうか安心して県立学校を受験していただきたいと考えています。

 県立学校施設のユニバーサルデザイン整備が目指すもの、それは自分の可能性に向かってだれもが安心して学校生活を送ることができ、また地域住民がいつでも安心して暮らしていくことができる、そんな佐賀県をつくっていくことです。

  

詳しい紹介は「県立学校施設のユニバーサルデザイン整備」をご覧ください。(県UDホームページ)

 

ページの上部へ

 

2 新コーナー「UD(ユーディー)の環(わ)」

写真:うれしの地区にふさわしい道路イメージ(整備イメージ)
道路整備の進む嬉野地区が今回の舞台(写真は整備イメージ)
写真:宮崎有紀子さん
「国際的でおしゃれな案内サインに」と語るのは、検討会メンバーの宮崎有紀子さん
写真:野村秀樹さん
「人にやさしいまちづくりで観光地嬉野に活気を」と語る、NPO活動でも活躍中の野村秀樹さん

 このたび、県のUDホームページ(さがユニバーサルデザインラボ)に新コーナーが加わります。新コーナーの名前は「UD(ユーディー)の環(わ)」。

 このコーナーでは、「UD(ユニバーサルデザイン)」をテーマに活動や仕事をしている、 地域でがんばる人・CSO(市民社会組織)・企業の皆さんたちを紹介していき、UDの環(わ)をひろげようというものです。

 もちろん、皆さんから「私の身の回りでUDに取り組む、こんな人たちがいるよ。」といった情報提供や「私たちの団体ではこんなことに取り組んでいるよ。」という取材のご依頼も大歓迎です。

 ここ佐賀の地で、UDをテーマにした活動の環(わ)、仲間の環(わ)が広がっていき、だれもが安心して暮らせる佐賀県づくりに向けて、県民協働でUDに取り組んでいく、そんな願いをこめて。「UDの環(わ)」のスタートです。

記念すべき第1回は、、、「嬉野でひろがるUDの環(わ)」。  

 年間152万人の観光客でにぎわう嬉野市。現在、街の中心部沿線に位置する一般国道34号線で電線類の地中化に伴う道路整備が進められています。

  「この地区にふさわしい道路とは何か?」。地域住民・商工観光関係者・行政をメンバーに発足した検討会が導き出した答えとは?また、そこに秘められたそれぞれの想いとは?

 現場の最前線で取り組まれている検討会のメンバーの皆さんを中心に、UDに対する想いや今後の抱負など、生の声をお伺いしました。どうぞお楽しみください。

 

 第1回「嬉野でひろがるUDの環(わ)」はこちらから(県UDホームページ)

 「UD(ユーディー)の環(わ)」への取材依頼や情報提供をお待ちしています:ud@pref.saga.lg.jp


ページの上部へ

 

3 県政広報テレビ番組「県政NOW」

写真:ちゃんぽんを楽しむお年寄り女性たち
好きなグルメは100歳になっても楽しんでいただきたいもの(きたがた未来まちづくり)
写真:バスや電車などの優先席のことを紙芝居や絵で説明する生徒の様子
UDを紙芝居やかるたで、誰でも楽しめるように教えてくれます(嬉野高等学校)
写真:施工者や保護者・先生たちと一緒にウッドデッキづくりをする子どもたち
「みんなの広場」のウッドデッキづくりに挑戦する子どもたち(多久北部小学校)
写真:SML並べられた色とりどりの椅子
洋服のようにS・M・L選べる椅子、「作る人」、「使う人」に直撃してみました(平田椅子製作所)

県民の皆さんの関心が高い県政の話題などについて、わかりやすくリポートするケーブルテレビ県政広報テレビ番組「県政NOW」。  

平成19年11月放送のテーマは、「すべての人のために!ユニバーサルデザイン(UD)」。今回は、県内の地域や企業などで、UDに取り組む皆さんの活動などをご紹介していく予定です。

今回ご出演いただく皆さんたち

きたがた未来まちづくり(北方町商工会)の皆さん

 武雄市北方町の「グルメロード」で、飲食店・商工団体・介護サービス事業者などが協働して取り組む、食をテーマにしたUDのお店づくりを紹介します。

佐賀県立嬉野高等学校生活福祉系列の生徒の皆さん

 授業で研究した成果を活かして、地域の幼稚園や学校などに出向いて、、UDの普及活動(意識づくり)に熱心に取り組まれています。(第1回佐賀県UD大賞優秀賞、第16回全国産業フェア最優秀賞受賞)

多久市立北部小学校の皆さん

 学校施設の改修工事に伴い、生徒・学校関係者・住民・行政など地域ぐるみで取り組んだ施設づくり。中庭のウッドデッキがシンボルの「みんなで使える、みんなの広場」をご紹介します。

有限会社平田椅子製作所の皆さん 

 平成18年度佐賀県UD推奨品に選定された「人にやさしい椅子」。椅子の開発に関する社長インタビューやユーザー(利用者)の声などをご紹介します。

放送チャンネル・時間など

サガテレビ 11月4日・18日(第1・第3日曜日) 6:15~6:30

ケーブルテレビ12局 11月5日(月)~12月2日(日)

  ケーブルテレビの放送局・放送時間はこちらをご覧ください(PDF:8kb)PDFアイコン

県ホームページの動画配信サービス 

 動画配信の状況はこちらからご確認ください。(県ホームページへ)  

 

 佐賀県では、年齢や性別、障害の有無、国籍などに関係なく、だれもが利用しやすい建物や製品、情報・サービスなどをはじめから考えてつくるというユニバーサルデザイン(UD)の取り組みを積極的に推進しています。
 UDの推進には、県民、企業、CSO(市民社会組織)、行政が協働で取り組んでいくことが不可欠です。
 佐賀県は、UDに取り組む皆さんを積極的に応援していきます!

 

過去のUD関連番組も、県ホームページの動画サービスからご覧いただけます(各14分)

 みんなのトイレ~だれもが暮らしやすい佐賀県に~(平成19年4月放送) (wmv)

 パーキングパーミット(身障者用駐車場利用証)制度(平成18年8月放送) (wmv)

 ユニバーサルデザイン (平成18年5月放送) (wmw)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ(新規ウィンドウで開きます。)このホームページには、PDF形式のファイルが含まれています。ご覧になるにはAdobe Readerがインストールされている必要があります。

Adobe Readerのダウンロード(無償)はこちらから(新規ウィンドウで開きます。)

メディアプレイヤーのダウンロード ※県政広報テレビ番組「県政NOW」をご覧になるには「Windows Media Player」が必要です。 当コンテンツには、Media Playerによる動画配信ページが含まれております。「Windows Media Player」をインストールされていない方は左のアイコンをクリックしてインストールしてください。





ページの上部へ


4 編集後記

 先日、うれしいメールが届きました。武雄市役所の職員の方からでした。武雄市も「ユニバーサルデザイン(UD)」をテーマにしたウェブサイトを開設しました、というお知らせでした。その名も「たけおのユニバーサルデザイン」。

 今後、武雄におけるUDの活動報告などとあわせてコンテンツも充実させていきたいとのことでした。武雄にも「UDの環(わ)」が広がっていくことを祈念したいと思います。

 

ページの上部へ


県メルマガ「月刊 佐賀UD通信」第3号(H19.11.2発行)