建築物のユニバーサルデザイン講習会を開催します
「人にやさしい建物をつくるために」~肢体障害や高齢者の移動・移乗・姿勢を知る、車いす体験演習~
 ※定員に達したため、募集は締め切りました。

 近年、急速な少子高齢化が進行し、障害のある方の社会参加促進が求められ、外国人観光客が増加しています。
 県では、人にやさしい建物をつくるために、ユニバーサルデザインの考え方や手法、障害者の行動特性等について理解を深める講習会を開催します。
 なお、本講習会は、佐賀県建築士会の継続職能開発(CPD)の認定プログラムです。受講された方は、3単位取得できますので、是非ご参加ください。

 「建築物のユニバーサルデザイン講習会」チラシのダウンロードはこちら

1 日時

 1月18日(水曜日)14時~17時(開場13時30分)

2 会場 

  佐賀大学医学部(講義棟松尾清美実験室)(佐賀市鍋島5丁目1-1)

3 内容

  肢体障害や高齢者の移動・移乗・姿勢を知る、車いす体験演習
   肢体障害者の動作特性や、生活サポート設備や用具の選び方・使い方を解説します。
   受講者には、車いす等の移動補助機の種類と使い方、便器などへの移乗方法、姿勢調整などを体験して頂き、設計ポイントや福祉機   器の活用ポイントを解説します。

4 講師


松尾 清美 (まつお きよみ)
佐賀大学大学院医学系研究科 准教授

宮崎大学工学部機械工学科を卒業後、1979年に労働福祉事業団総合せき損センター医用工学研究室に就職し、福祉機器などの設計研究に取り組むと共に、二級建築士免許を取得して、生活環境設計研究も開始し7000名ほどの支援を行った。2003 年に総合せき損センターを退職し、佐賀大学医学部助教授に就任し、現在に至る。大学においては、「医療と生活支援技術」や「生活行動支援論」、「テクニカルエイド」などの講義を行うかたわら、研究成果を基にして、全国で障害者の福祉機器や自立(律)生活方法、生活行動支援方法などに関する講演や講習を行うなど、福祉機器や住宅改修の普及と発展に尽力している。



5 対象者

 建築士をはじめとした建築分野に携わる方

6 定員

 20人(先着順)


7 参加費

 無料(ただし、交通費、駐車場代等は自己負担)

8 申込期間・方法

  申込期間 
   平成29年1月11日(水曜日)まで
  申込方法
   ・FAXまたはEメールのいずれかで、佐賀県県民協働課あてお送りください
   ・チラシ裏面の「参加申込書」、または、申込内容をEメール等に記入したものをお送りください
    ※いただいた個人情報は、当講習会に係る事務にのみ使用し、それ以外の目的に使用することはありません


 「建築物のユニバーサルデザイン講習会」チラシのダウンロードはこちらから

申込先・お問い合わせ先

佐賀県 県民環境部 県民協働課 ユニバーサル社会推進担当
〒840-8570 佐賀市城内1-1-59
TEL:0952-25-7068 FAX:0952-25-7561
E-mail:kenminkyoudou@pref.saga.lg.jp