アクセシビリティに配慮したホームページの構築

 県のホームページについて、高齢者・障害者等配慮設計指針(JIS X8341-3)(※1)に沿ったシステム改修を行うとともに、アクセシビリティ(※2)の検証や改善のための体制を構築して、誰もが利用しやすいホームページづくりを進めています。 

担当課

 情報・業務改革課、広報広聴課

内容

(1) 電子県庁システム構築等

 高齢者・障害者等配慮設計指針(JIS X8341-3)に基づく診断結果などを踏まえて、アクセシビリティやユーザビリティ(※3)向上のために次のようなシステム的改善に取り組んでいます。

○県ホームページのフレーム(※4)を廃止しました。
○必要な情報を簡単に入手でき、誰もが利用しやすいホームページ作成のために注意すべき事項や具体的方法などをまとめた「佐賀県ホームページアクセシビリティ向上マニュアル(PDF:4.88MB)」を策定し、本マニュアルに沿ったホームページ作成を行っています。
○アクセシビリティをシステム的に確保するため、県ホームページにCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を導入しました。
○非定型コンテンツを含めた全庁的なコンテンツ管理を行い、アクセシビリティやユーザビリティの観点から、コンテンツを管理する担当課への技術的助言や改善の指示などを行っています。

(2) 評価向上推進事業

 県のホームページについて、様々な利用者の立場から次のような検証・改善を行い、さらに利便性の高いホームページ構築につなげていきます。

○視覚障害者団体に委託してホームページのチェックを行い、問題のある点を順次改善しています。
○色覚障害のある方や高齢の方などにもアンケートを行い、ご意見を検証しながら改善していきます。
○なお、佐賀県のアクセシビリティに関する基本方針を「アクセシビリティに配慮したホームページづくり」として策定し、ホームページの「サイトポリシー」において公開しています。また、ご意見を受付するメールアドレスを掲載し、利用者の様々なご意見を集約しながら、順次改善につなげていきます。

関連リンク・資料のダウンロード

 

脚注(用語説明)

(※1)「高齢者・障害者等配慮設計指針(JISX8341-3)」とは、情報通信における機器のうちウェブコンテンツに関する規格を定めたもので、日本規格協会によって2004年6月に制定されました。ウェブコンテンツのアクセシビリティを確保・向上させるため、ホームページにより情報を提供する者や制作者が配慮しなければならない事項について規定しています。

(※2)アクセシビリティとは、建物・製品・ソフトウェアなどが、年齢や能力などに関係なく、どの程度利用可能であるかを表す概念です。特に、高齢者や障害者にとって、どの程度利用可能であるかを表す意味で用いられることが多いようです。

(※3)ユーザビリティとは、建物・製品・ソフトウェアなどが、どの程度利用しやすいかを表す概念です。アクセシビリティは「利用できる人の範囲」に着目し、ユーザビリティは「利用しやすさ」に着目していますが、実際には両概念は密接に関連し合っています。

(※4)フレームとは、ウェブで表示するひとつのページ(ウィンドウ)を複数に区切って、複数の内容(HTMLファイル)を表示させる技法をいいます。視覚に障害のある方などが音声ブラウザを使って文字を読み上げる場合に不都合が生じたり、印刷がうまくできない場合があるため、原則として利用しないことが推奨されています。

 

 ページの上部へ