?

みんなのトイレ

イメージ 「みんなのトイレ」とは、設備や広さなど、誰もが利用しやすいように配慮されたトイレを、誰もが安心して使えるように開放する制度のことです。

 この制度に協力していただいた企業や施設には、県が配布する県内共通の案内標識(ステッカー)を掲示いただきます。

 県では、「みんなのトイレ」に協力いただいた施設の情報をホームページなどで公表して、広くPRしていきます。

 このような取り組みを通して、誰もが利用できるトイレを県内に増やし、車いすを使用されている方やオストメイト(人工肛門・人工膀胱)の方、高齢者、妊婦、こども連れの方など、みんなが気軽にまちへ出かけられるようになることを目指します。

 すべての人が安心してまちに出かけることができ、また、県外の人も佐賀県を訪れてよかったと思われる地域社会をつくっていくため、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。

案内標識(ステッカー)

 協力していただく施設には、下記のマークを配布します。施設の出入口等に掲示していただき、誰もが安心して利用できるトイレの目印となります。

トイレの目印トイレの目印

対象となる施設

 県内にある店舗、事業所、公共施設その他施設等でユニバーサルデザインに配慮されたトイレを整備している施設で、トイレを無償で利用可能な施設であること。

施設及びトイレの仕様

施設共通仕様

イメージ

  • 施設出入り口からトイレまでの経路上に段差がないこと。
    段差がある場合は、スロープ等が設けられていること。
  • 施設出入り口の幅は、80㎝以上かつ、トイレまでの通路幅は120㎝以上確保されていること。
  • 施設の駐車場には、身障者用駐車場を1台以上設けられていること。

トイレ仕様

(1)車いす対応トイレタイプ

イメージ

  • 車いす使用者が円滑に利用できる広さが確保されていること。
  • トイレの出入り口扉は自動又は引き戸等とし、出入り口の幅は有効で80㎝以上確保されていること。
  • トイレ内には、腰掛け便座、手洗い器が設置されていること。
  • 便器周り、手洗い器周りに手摺りが設置されていること。

(2)多機能トイレタイプ

イメージ

  • (1)の車いす対応トイレタイプの仕様を満たしているもの。
  • オストメイト設備を追加したもの。
  • ベビーベットの設置を追加したもの。

(3)一般トイレで利用しやすいトイレタイプ

  • 車いすの方、またはベビーカーと付き添いの人が一緒に入り利用可能な広さが確保されていること。
  • トイレの出入り口扉は自動又は引き戸等とし、出入り口の幅は有効で80㎝以上、または有効幅70㎝以上の外開き戸であること。
  • トイレ内には腰掛け便座が設置されており、便器周りに手摺りが設けられていること。

応募方法

 施設状況調べ用紙をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、郵送、FAXまたは電子メールにて下記のあて先までお申し込みください。

※施設状況調べ用紙をダウンロードできない方は、郵送いたしますので下記までご連絡ください。

施設状況調べ用紙のダウンロード

 

みんなのトイレ 協力施設一覧

「みんなのトイレ」協力施設に関する情報はこちらからご覧ください(平成25年3月31日現在) 

 

応募先およびお問い合わせ先

〒840-8570 佐賀市城内一丁目1番59号
佐賀県 健康福祉部 福祉課
TEL 0952-25-7053 FAX 0952-25-7264
メール fukushi@pref.saga.lg.jp