学校教育におけるUD教育の推進

 佐賀県教育委員会では、学校教育の中でUDの視点に立った取組を実施し、子どもたちのUDへの理解を深めていくことを、「佐賀県教育の基本方針」に掲げて推進してきました。

 各学校のUD教育の取組を支援し、未来を担う子どもたちが人間の多様な個性や違いを理解して、これらを当たり前のものとして身につけ、相手を尊重する意識や思いやりの心を育んでいきたいと考えています。 

担当課

 学校教育課

内容

 各学校で取り組まれてきた福祉教育やバリアフリーに関する教育なども踏まえ、総合的な学習の時間、道徳、特別活動、家庭科等の教科における交流教育や高齢者疑似体験、職場体験、豊かな心の育成等について、UDの視点に立って実施することにより、子どもたちのUDへの理解を促進する。

 現在、県内の各学校では、次のような取組が行われています。

写真:高齢者擬似体験装具で見えにくさを実感 写真:地域のお年寄りとの交流を通して思いやりの心を育みます 写真:UD文具の工夫や使いやすさを実感

 障害者、高齢者の疑似体験、講話

 UDを取り入れた製品の体験、アイデア考案

 まちや建物の中のUD調査・発見、みんなが住みやすいまちづくりの提案

関連リンク