ユニバーサルデザイン推進モニターについて (終了しました)

 県では、県民総参加による総合的なUDの取組を推進するため、行政や企業が行う取組への調査や提言、地域における普及・啓発活動などを行っていただく、ユニバーサルデザイン推進モニター(以下「モニター」という。)を募集しました。

 ユニバーサルデザイン推進モニターとなられた方には、以下のような活動を行ってもらいます。

活動内容

 モニターの活動内容は、次のとおりです。

(1)UDの推進に関する取組の率先実施

 県が行うUDの講演会、研究会等のイベント開催やUDに関する広報物の発行に参画していただくものです。

(2) UDに関する意見の随時報告

 モニターの皆さまご自身が、生活の中でお気付きになった、県や企業などのUDに関する取組などに関する意見、要望などを、随時、自発的にお寄せいただくものです。

(3) UD製品開発への協力

 企業などがUD製品を開発する際に、企業からの申し出により、ユーザーとして製品を試用していただき、使いやすい製品の開発にご協力いただくものです。

(4) UDマップ作成への協力

 県では、バリアフリーの情報や使いやすいトイレの設置状況などをマップに掲載することにより、県民をはじめ佐賀県を訪れる方にも活用していただくUDマップを作成することとしています。

 このマップに掲載する施設などについての調査にご協力いただくものです。

(5) アンケート調査

 県のUD推進に関する各種施策の企画、立案又は実施の参考にするために行うアンケート調査についてのご協力をお願いするものです。

(6) その他

 ユニバーサルデザイン推進に関する情報提供に関して、必要に応じて、地域での日常生活を通じた情報提供に可能な範囲で協力をいただきます。

モニターの応募資格について

  • ユニバーサルデザインについて関心がある、高校生以上の方
  • 県内に居住されている方、または県内に通勤・通学されている方
を満たしている方とします。

身分の取扱いについて

 モニターは、県の職員のように地方公務員としての身分を持つわけではありません。したがって、自由な立場で、地域におけるUD推進に関する意見や要望などをお寄せください。