嬉野でひろがるUDの環(わ)


道路整備計画場所  嬉野市は年間約100万人を超える観光客が訪れる西九州観光の拠点です。
 街の中心部沿線に位置する一般国道34号嬉野地区では、電線類の地中化に伴い、歩道の新設や改良工事などの道路整備が進められています。
 この道路整備にあたっては、平成17年度に「一般国道34号嬉野町景観整備検討会」が発足され、地域住民・商工観光関係者・ 行政関係者などが一丸となって、この地区にふさわしい道路とは何かを熱心に議論されました。
 そして「高齢者、障害者、子どもなど全ての人に安全で優しい歩道空間」というユニバーサルデザインの考え方を、 道路整備のコンセプトのひとつに掲げました。
そこで今回は、この検討会に参加された委員の皆さんを中心に、ユニバーサルデザインに対する想いや今後の抱負などをお伺いしました。

「UDの一部を道路づくりが担っている」

松岡 隆さんの写真 国土交通省 九州地方整備局 佐賀国道事務所 副所長 松岡 隆さん


お話の内容


「国際的でおしゃれな多言語表示のサイン整備を進めたい」

宮崎有紀子さんの写真 嬉野市「ひとにやさしいまちづくり推進協議会」委員 宮崎有紀子さん


お話の内容


「人にやさしい観光地づくりで、嬉野に活気を取り戻したい」

野村秀樹さんの写真 一般国道34号嬉野町景観整備検討会委員 野村秀樹さん


お話の内容


「おもてなしの心の嬉野案内人」

富永好次さんの写真 一般国道34号嬉野町景観整備検討会委員 富永好次さん


お話の内容


「ほんの少しの気配りで、みんなが歩きやすい歩道に」

岸川美好さんの写真 一般国道34号嬉野町景観整備検討会委員 岸川美好さん


お話の内容



 「お越しいただくお客さまをはじめ、すべての人にやさしいまちをつくろう。」そんな、おもてなしの心で、 地域が一丸となってユニバーサルデザイン(UD)のまちづくりに取り組む嬉野の皆さんたち。
 このUDの環がさらに広がり、観光客はもちろん、そこで暮らす人々も、誰もが安心して、楽しく過ごせる街になっていくといいですね。
 これからも嬉野の皆さんのUDの取り組みから目が離せません。