ウェブサイトでできること

 ホームページには老若男女、さまざまな方が訪問されています。その中には、目があまり見えない弱視の方、全く目が見えない方、色の区別がつかない色覚障害の方、耳が聞こえない方、肢体が不自由な方など、体に障がいがある方も多く訪れられています。

 ホームページ上の情報はすべてデジタルデータで、そのデータは紙媒体とは違って拡大縮小もできますし、パソコンに声として読み上げさせることもでき、障がいがある方にとっては一番の情報源になっているとも言います。

 佐賀県でも「佐賀県ホームページアクセシビリティ向上マニュアル」を策定し、県としてホームページで情報を発信する際には、このマニュアルに沿った作成に努めています。

 県が発信する情報が少しでもウェブアクセシビリティに対応し、多くの方々に情報が届くようになればと思っています。

参考リンク

みんなの公共サイト運用モデル:障害者のホームページ利用方法の紹介ビデオ
(新規ウィンドウで開きます。)